金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2018年11月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【追記あり】ボルネード社製サーキュレーターを使った感想

Monday, 22, 2005 at 03:01
サーキュレーターを購入しようと思ったのは、クーラーが原因と思われる体調不良だったわけだが、これが解消されなくては意味がない。
また、省エネ効果がどの程度期待できるかも気になる。

結論から言うと、かなり快適になった。

JUGEMテーマ:生活家電

23m先まで風が届くサーキュレーター

Monday, 22, 2005 at 02:21
数あるサーキュレーター(空気循環器)の中から、Vornade(ボルネード)社の「ファン サーキュレーター 183」を選んだ理由はすでに述べた。
捕捉することがあるとすれば、購入を決めた際、Vornade社(アメリカ)が「サーキュレーターといえば、ボルネード」と言われるほど、サーキュレーターの世界では有名メーカーであるらしいことと、繰り返しになるが、その性能だ。

幅25cm×奥行23.5cm×高さ33cmのコンパクトボディにもかかわらず、その風量は最大で約23m先まで風が届くという。
続きを読む >>
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ