金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2018年11月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

60分聴くだけの成功論「幸」と「富」

Sunday, 13, 2008 at 18:24
いつも立ち寄る書店で2冊のCDブックを発見。
内1冊はジェームズ・アレンの『As a Man Thinketh(邦題「原因と結果の法則」)』の「翻訳音声化」したもの。
本のオビには読むよりも聴くほうが効果的です!!とある。
ひとまず覚えておいて、後でネットで調べることに。


【速報】久々登場のロバート・キヨサキ本! ガイドブックとサクセスストーリーの2巻同時リリース

Thursday, 11, 2004 at 04:38
久々のロバート・キヨサキ本です。
今回は2冊、同時リリース。


金持ち父さんの金持ちになるガイドブック ―悪い借金を良い借金に変えよう』と
金持ち父さんのサクセス・ストーリーズ ―金持ち父さんに学んだ25人の成功者たち



書店で偶然発見しました。
調べたところ、今日(11/10)が発売日だったようです。

筑摩書房のホームページで詳細を調べようと思いましたが、
まだ更新されてませんでした。

アマゾンにも、詳しい内容はアップされてません。
というか、表紙画像もナシです。

確実に言えることは、
どちらも紫色でした。




金持ち父さんの金持ちになるガイドブック ―悪い借金を良い借金に変えよう/ロバート・キヨサキ

金持ち父さんの金持ちになるガイドブック
悪い借金を良い借金に変えよう


金持ち父さんのサクセス・ストーリーズ
金持ち父さんに学んだ25人の成功者たち
1,000円(税込)
185ページ
1,575円(税込)
261ページ

※詳細がわかり次第、アップします。



「金持ち父さんの金持ちになるガイドブック」の第一印象

どちらも手にとって眺めてみました。

金持ち父さんの金持ちになるガイドブック ―悪い借金を良い借金に変えよう』は、タイトル通りの本という感じで、
ロバート・キヨサキさんを知らない(=まだお金に目覚めていない)読者が最初に読むには最適かな、と思いました。


ロバート・キヨサキさんの処女作にして、世界的ベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』が日本で出版されたのが、ちょうど4年前の今ごろ(2000年11月)。

私はこの本の影響によって、行動を開始しました。
というか、せざるを得なかった。(^_^;σ


4年前にお金に目覚めた人はまず確実に『金持ち父さん 貧乏父さん金持ち父さん 貧乏父さん』を読んでいるでしょう。
では、2004年も暮れようとしている今、お金に目覚めた、もしくは目覚めつつある人は、どの本を読めばよいのでしょう。
4年前の『金持ち父さん 貧乏父さん』を読むべきなのでしょうか。


YES!



だけど、4年前の本はあまり読む気がしなくて、、

わかります。(^_^σ
人は新しいモノを求めたがる生き物ですから。


金持ち父さんの金持ちになるガイドブック ―悪い借金を良い借金に変えよう』は重要なところをわかりやすくまとめてあり、分厚くもなく、お手頃価格(1,000円)ということで、ロバート・キヨサキ氏の、めくるめく「お金世界」へのエントリーブック(最初の一冊)として最適と思われます。
本嫌いの人も、この本なら大丈夫でしょう。
(^_^σ:金持ち本のハリーポッターです。


また、すでにひとかたならぬ影響を受けつつも、一連の「金持ち父さんシリーズ」を読み直すほどのゆとりのない人にとっては、レファレンスブックとして役立ってくれそうな本でした。
「金持ち父さん」のエッセンスを、より手軽に読み直せる1冊。




「金持ち父さんのサクセス・ストーリーズ」の第一印象


金持ち父さんのサクセス・ストーリーズ ―金持ち父さんに学んだ25人の成功者たち』は、『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで、実際に行動を開始した人たちのその後をまとめた本です。

ロバート・キヨサキ本になじみのあるベテラン読者の方は、
こちらの方が刺激的と思われます。


4年前、『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで、自分は行動を開始したのか?

金持ち父さんのサクセス・ストーリーズ』を読み進めることによって、ハッキリと自覚するでしょう。(^_^;σ

今の経済状態やこの4年間の自らの歩みに自信のない方、
この本から、もういっぺん出直してみませんか?
きっといい刺激になってくれると思いますよ。



ロバート・キヨサキ本を1冊も読んだことのない方は、『金持ち父さんの金持ちになるガイドブック』を読んだ後に、『金持ち父さんのサクセス・ストーリーズ』を読むと、そこに書かれてあることがどれほど確かな情報か、ハッキリ確認できると思います。

使用前、使用後です。


では、4年後にお会いしましょう♪
(^_^σ/:このブログ、やってるかな〜?



[参考]
ロバート・キヨサキ著作集&ビジネス教材一覧
「金策冒険家エイジの億万長者への路」内にあるロバート・キヨサキ関連の情報



『フリーター!! から億万長者へ!? インターネット 金策冒険家エイジの小さな旅』を買う前に/世界初のノウワイ(know-why)本

Tuesday, 22, 2004 at 08:00
著者エイジより

はじめまして。金策冒険家のエイジです。
最初にお断りしておきます。この本は「ノウハウ本」ではありません。この本を読んだからといって、お金持ちや成功者、億万長者になれるわけではありません。
もしそれらのノウハウが知りたい、という方へご忠告いたします。世の中には、とてもすばらしい「ノウハウ本」がたくさんありますので、そちらをお買い求めください。(警告はしましたよ!)

この本は、「ノウハウ」を積みかさねる以前の段階にある方に向けて書かれています。
「ノウハウ」を積みかさねる以前の段階とは、なぜ自分には「ノウハウ」が必要なのだろう、という問いに答える段階のことです。
世にあまたある「ノウハウ本」には「億万長者になるには○○をする」、「売上アップには○○のテクニックで」というような【方法】しか書かれてありません。そこには、【なぜ】という視点が欠落しているのです。

私もあなたも、学校で分数のかけ算を習いました。なぜ自分が分数のかけ算をしなくてはならないのでしょうか?
その問いに答えられることよりも、分母同士をかけて、分子同士をかけて、通分し、答えが合っていることを求められてきました。テストでいい点をとると、親や先生にほめられ、クラスメイトから認められたのです。
この状況は、大人になってもあまり変わりません。
HOW(方法)ばかりがもてはやされ、WHY(なぜ)は最初から存在しないかのような扱いです。
おかげで、人生で重要なことは考えないようになり、与えられたことや教えられたことを「うまくやる」ことでこころと頭が占有されてしまいます。
なぜ生まれ、なぜ生きるのか? 自分とは何者か? という問いと向き合うことなしに、いくらありがたいノウハウを詰め込んでも人生の勝利者にはなれない、隼笋蝋佑┐討い泙后?弊ご崚?弊??圓砲覆襪覆虔漫

なぜ、こんなことを長々と説明するかというと、あなたにこの本を誤解していただきたくないからです。
この本を既存のノウハウ本を読むときと同じ感覚で読んだ方は、ほとんど得られるものがありません。
ただ、これまで本やセミナーなどで様々な「ノウハウ」を積みかさねてきた方が、「なぜ自分は成功できないのだろう」と立ち止まったときに読むと、なんらかの気づきが得られるかもしれません。
また「副業は初めて」という方や「アフィリエイトに挑戦したい」、「メールマガジンを発行したい」という方には参考になる部分があると思います。
この本は、無名で、これといった実績もなく、これまで日の当たる場所に出たことのなかった人物による世界で最初の、読者と等身大で書かれたビジネス書です。

私については「金策冒険家エイジ」で検索をかけると、おおよそどんな人物かつかめると思います。
この本は私が2001年から発行しているメールマガジン『金策冒険家エイジの億万長者への路』をベースにしています。バックナンバーを公開していますので、興味のある方はご覧ください。
【バックナンバー】⇒ http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000068341

あなたにとってこの本を購入する価値があるかどうかご判断いただくために、著者自らがこの本に関するさまざまな情報を提供しております。参考になさってください。
『インターネット 金策冒険家エイジの小さな旅』[購入ガイド]⇒ http://seikou.info/bouken/
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ