金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年12月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

死ぬ前に読んでおきたい小林正観さんの本

Saturday, 19, 2006 at 18:08
金策冒険家エイジの億万長者への路 vol.163     2,176部発行(-29)
──────────────────── http://tinyurl.com/dtqf ──

【目次】

 ◆ [本日のメインコンテンツ]
   ・死ぬ前に読んでおきたい3冊
   ・金策冒険家エイジの今昔物語 〜残りの人生を楽に生きる方法〜


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 死ぬ前に読んでおきたい3冊
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼生きてます!▼

 久々にメルマガを書こうという気分になっています。
 ここ5ヵ月間、あることに専念していて、今月一段落しました。

 いろいろ書きたいことが溜まっています。

 その1つに、「金策冒険家エイジ」があります。
 でもその前に、こんな質問から始めたいと思います。


              ▼
              ▼
              ▼

 「もう今生では会えないかもしれない知人に本をプレゼントする
  としたら、だれの、どんな本ですか?」


  ※実際にそういう場面をイメージして考えてみてください。










===========================================================
      テレビでマクモニーグル氏が紹介した
      モンロー研究所のヘミシンクCD商品

< http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1034NI+1L5MUQ+PNW+5ZEMR >

   米国特許技術ヘミシンクによるリラクゼーション、
   瞑想から体外離脱まで目的別CD各種 即納中!
===========================================================

      ヽ(^_^σ:今、一番聴いてみたいCDです♪
           CD4枚のバリューセット、1万800円也










▼人生最後の本▼

 「もう今生では会えないかもしれない」と思った知人に何をして
 やれるかを考えたとき、真っ先に思いついたのが本のプレゼント
 でした。

 その知人にとっては人生で最後の本になるかもしれません。

 これまで生きてきた中で、もっとも「死」を身近に感じているで
 あろう今、もっとも必要な知識は病を治す方法と死んだ後、成仏
 する方法です。

 それらの方法を実践すれば、病を克服して長生きするかもしれま
 せん。
 死んだら死んだで、す〜っとあの世へ旅立てます。
 どちらに転んでも、その人は幸せになれるのです。



▼生きてる内に読んでおく本▼

 生きても死んでも幸せになれる本。
 そんなすばらしい本がこの世にあるのです。
 小林正観さんの本です。


 『宇宙を味方にする方程式』⇒< http://tinyurl.com/eb6w4 >
 『釈迦の教えは「感謝」だった』⇒< http://tinyurl.com/guxba >
 『楽しい人生を生きる宇宙法則』⇒< http://tinyurl.com/fwx9b >

 私は上記3冊をプレゼントしました。
 他にも小林正観さんの本は出ていますが、
 最初に読むならこの3冊がオススメです。


 まだ当分死ぬつもりはないあなた!
 読んでおいて損はありません。
 死んでからでは遅すぎます。
 生きている内にぜひ手にとって読んでみてください。

 本のタイトルのように「宇宙を味方」にしたり、
 「楽しい人生」を生きたりできます。
 ポイントは「感謝」です。

              ▼
              ▼
              ▼

 ■小林正観さんの本⇒< http://tinyurl.com/jjf2c >





【参考記事】
 ・『釈迦の教えは「感謝」だった』レビュー[目次]
          ⇒< http://kinsaku.jugem.cc/?eid=291 >

  (^_^σ:『釈迦の教えは「感謝」だった』のレビューです。
      これを読んで以来、般若心経さえ唱えられたら無敵
      なんじゃないか、と思ってみたり、、



┌──────────────────────────────────
│■ 金策冒険家エイジの今昔物語 〜残りの人生を楽に生きる方法〜
└──────────────────────────────────

 小林正観さんの本にこんな記述があります。
 若干長いですが、引用します。



  私たちは「目標を持て」と教え込まれてきました。
  「達成目標」を立て、そこに向かって汗をかくこと、努力する
  こと、自分を磨くこと、それこそが価値だというふうに教え込
  まれてきました。
  しかし、私が把握した宇宙の構造論というのは、そういう方向
  ではありません。
  人間が幸せになるということは、自分の達成目標を立てて、そ
  こへ向かって眉間にしわを寄せながら、進んでいくことではな
  く、どうももっと楽に考えてよいようなのです。

            (『楽しい人生を生きる宇宙法則』p.33)
               ⇒< http://tinyurl.com/fwx9b >



 さて、、、


 今年ぐらいから自分の中で「金策冒険家エイジ」が自分とは別人
 のように感じられるのです。
 かつては私の大部分を占めていた人格「金策冒険家エイジ」。
 今は数ヵ月に一度顔を出す程度になってきています。

 それはメルマガ発行回数からも明らかです。
 今年、まだ2回しか発行していません。



▼命懸けのメルマガ発行▼

 このメルマガ、発行当初は週刊でした。

 当時、メルマガ発行は自分の中で「どうしてもやらなくてはなら
 ないこと」の1つでした。
 「発行しない」ことは「バイトでの遅刻(=クビ)」に相当しま
 した。
 ですので、毎週時間を捻出して発行していました。

 バイトバイトの毎日。
 1時間800円で命を切り売りしながら、かろうじて肉体を維持する
 という生活の中で、メルマガ発行は私の精神が死んでしまわない
 ようにするための唯一の方法だったのだと思います。

 月並みな表現をすると、私はメルマガに命をかけていました。
 今、当時のような切迫した感情はありません。



▼閉じ込められた魂の叫び▼

 メルマガ創刊時からずっと掲載し続けてきた文章があります。
 これです。


              ▼
              ▼
              ▼

 ┌─────────────────────────────────
 │
 │     エイジには夢がある。
 │      その夢を叶えるには、
 │       膨大な時間と、金と、労力を必要とする。
 │        だからエイジは自由を手にしなくてはならない。
 │
 │  自由─────────
 │
 │      それは、
 │       自らの人生を、
 │        自らの使命のために、
 │         100%、捧げることのできる状態をいう。
 │
 └─────────────────────────────────



 この文章から、当時自分が置かれていた状態を読みとれます。


 この文章の筆者は、「夢を叶える」ために「自由を手にしなくて
 はならない」と考えています。
 ということは、その時点で、「夢」はかなっていません。
 「自由」も手にしていません。


 また当時の私は、「自らの人生」を、「自らの使命」のために、
 「100%、捧げることのできる状態」ではないと認識していま
 した。
 「自由」でないと。


 ここでいう「自らの使命」とは、「夢」と直結したものでしょう。

 早く「自由」を獲得して、「使命」である「夢」の実現にこぎ着
 けたい。
 たとえ実現しなくとも、せめて「人生」のすべてを「夢」のため
 に捧げたい。
 そうでなければ死んでも死にきれない。
 もうバイト生活はうんざりだ。
 これでは生きている意味がない!
     :
     :
     

 と、そこまで思い詰めていたかは記憶してません。

 ただ言えるのは、それを獲得するための「金策冒険」であり、
 メルマガ「金策冒険家エイジの億万長者への路」だったのです。
 だからこそ、毎週毎週発行しつづけたのでした。


 この文章には、かつての、私の魂の叫びが閉じ込められているの
 です。



▼「〜しなくてはならない」からの解放▼

 今の私には書けません。
 そこまで切羽詰まっていないからです。


 私の辞書の中で、「〜しなくてはならない」はずいぶん薄くなり
 ました。
 判別できないほどに。

 反対にクッキリしてきたのは、「どちらでもいい」です。
 成功しようと失敗しようと。
 夢が叶おうと叶うまいと。


 私は現在、かつて思い描いていた「自由」を獲得しているわけで
 はありません。
 ただ5年前より確実に「楽」になりました。

 経済的にも、時間的にも。
 そして精神的にも。



▼抵抗するか、受け入れるか▼


 この世には思い通りにならないことがある。



 そういう場面に遭遇したとき、人のとる態度は2つ。

  1.思い通りにしようと抵抗する。
  2.それをそれとして受け入れる。


 どちらが楽か?


 2の「受け入れる」です。



▼それが私の生きる路▼

 私は「自由」を獲得しなければならない。
 「夢」を実現させなくてはならない。


 と信じていました。

 信じるとは、それ以外の考えが入り込む余地のない状態のことを
 言います。

 当時、私には2の選択肢は見えていませんでした。
 抵抗あるのみ。
 それが私の生きる路でした。


 今は2の選択肢は見えています。
 そちらが「楽」だ、ということも知っています。


 小林正観さんの本を読んで、そのことがずいぶんクリアになりま
 した。



  夢や希望をたくさんもってそこに努力邁進しなければいけない
  という人生は、もしかしたら、そのように洗脳された結果なの
  かもしれません。
  生きることにそんなに力を入れなくてもよいみたいだ。
  頼まれごとをし、努力目標や達成目標は必ずしも立てなくても
  いい。
  楽しい人は立ててもかまわないのですが、必ずそれを打ち立て
  て、そこへ向かって歩まなければならないということはないよ
  うに思います。

         (『釈迦の教えは「感謝」だった』p.156より)
               ⇒< http://tinyurl.com/guxba >



▼人生はすでに決められている▼

 小林正観さんは三十数年の間に10万人以上の人相・手相を見てき
 たそうです。
 また、40年間で10万件ほどの人生相談も受けてきた経歴の持ち主
 です。

 そうした希有な体験から、ある事実に突き当たりました。
 それはこうです。

              ▼
              ▼
              ▼


      人生、すべて、最初から決まっている!




 だれが決めているのか?
 生まれる前の自分です。



  唯物論的にいうと大変に難しく、なぜか分かりませんが、未来
  が確定的に存在しているのです。
  私たちは自分の自由選択の結果として、自分の人生を作れると
  思い込まされてきましたが、実は生まれる前に決めたとおりの
  人生が目の前に展開していくだけのようなのです。
  病気とか事故とかいつ死ぬかとか、そういうことは生まれる前
  に全部決めてきたらしいのです。

      (『釈迦の教えは「感謝」だった』p.157〜158より)
               ⇒< http://tinyurl.com/guxba >


 「自分の人生は思い通りに設計できる」とする成功哲学や自己啓
 発本を何十冊も読んできた人ならひっくり返りそうな結論です。

 小林正観さんの考えが正しいのか間違っているのか、私にはわか
 りません。

 ですが、この考え方を受け入れると、人生が楽になるのです。



▼ああ、そうなりましたか▼

 自分の思い通りにならないことに遭遇したとき、それをそれとし
 て受け入れる。
 それがなかなかできません。

 ですが、それらが自分の決めたシナリオだったとしたら、グッと
 受け入れやすくなるのです。


 自分が自分に必要だと納得したからこそ、それを人生のシナリオ
 に組み込んだのでしょう。
 たとえどんなに理不尽なことであっても、そこには何か学ぶべき
 こと、気づくべきことがあるに相違ありません。



  生まれる前に、全部、自分でシナリオを決めてきた、その書い
  たシナリオのとおりいろいろなことが起きてくるので、そこで
  起きてきたことに対して、とやかく不平不満、愚痴、泣き言、
  悪口、文句、否定的な言葉を並べて、論評・評価するよりは、
  それを淡々と受け容れて、「ああ、そうなりましたか」と生き
  ていくことのほうが、はるかに楽な生き方でしょう。

         (『釈迦の教えは「感謝」だった』p.157より)
               ⇒< http://tinyurl.com/guxba >



▼根拠のない自信は相変わらず▼

 私は「夢」を実現できないかもしれません。
 だとしても、私はそれを受け入れます。

 生前の私は、今生の私に、長い時間と労力をかけて「夢」を実現
 させようとしてきてきたが結局そうはならなかった、というシナ
 リオを書いたのかもしれません。
 そこには何らかの神聖な意図があったはずだと考えれば、受け入
 れられるのです。

 どうあれ、最終的にそうするよりないのです。


 もちろん、「夢」をあきらめたわけではありません。
 あきらめられるなら、とっくにあきらめています。
 あまりのあきらめの悪さに、「夢」をあきらめる、ということを
 あきらめました。

 ただ5年前も今も、根拠のない自信はあるのです。

 10年後には「夢」を叶えているだろうと。v(^_^σ



▼今すぐ読みたい小林正観さん▼

 いまわの際に読むのも有益でしょうが、元気な内に読んでおくと、
 残りの人生、楽に生きられます。



          3冊セットで4,500円

              ▼
              ▼
              ▼

 ■小林正観さんの本⇒< http://tinyurl.com/jjf2c >

 『宇宙を味方にする方程式』⇒< http://tinyurl.com/eb6w4 >

 『釈迦の教えは「感謝」だった』⇒< http://tinyurl.com/guxba >
 『楽しい人生を生きる宇宙法則』⇒< http://tinyurl.com/fwx9b >




【参考記事】
 ・『釈迦の教えは「感謝」だった』レビュー[目次]
          ⇒< http://kinsaku.jugem.cc/?eid=291 >

  (^_^σ:4,500円で自分と大事な人を救えるなら安いです。




┌──────────────────────────────────
│■ エイジ運営サイト更新情報
└──────────────────────────────────

◆ [エイジ運営サイト]

【金策冒険家エイジの億万長者への路】⇒< http://tinyurl.com/dtqf >
【金策冒険家エイジの楽天広場】⇒< http://plaza.rakuten.co.jp/supple/ >
【金策冒険家エイジのblog】⇒< http://kinsaku.jugem.cc/ >
【レーシック-LASIK-体験談★Blog】⇒< http://blog.livedoor.jp/lasik/ >


 (^_^σ:帰省したとき、毛穴洗浄機ケアナケアを使いました。
     髪がふさふさになるのも頷ける洗浄力でした。
     「ハイパーフリオン」、買っちゃいました。

              ▼
              ▼
              ▼

 【ケアナケア体験談】1年で髪はよみがえる!⇒< http://tinyurl.com/luak2 >



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 今月の参考図書
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【アフィリエイト】
 いちばん売れてるアフィリエイト本⇒< http://tinyurl.com/dzb8u >

【斎藤一人さん】
 「地球が天国になる話」など46冊 ⇒< http://tinyurl.com/akn4a >

【小林正観さん】
 「宇宙を味方にする方程式」など4冊 ⇒< http://tinyurl.com/jjf2c >



┌──────────────────────────────────
│■ エイジのつぶやき
└──────────────────────────────────

 (^_^σ:今、数独にはまっています。
     1〜9までの数字を使った日本生まれのパズルですが、
     日本よりも欧米で人気が沸騰しているようです。

     さっそくニンテンドーDS用のソフトを購入し、
     ほぼ毎日解いてます。
     全300問中、現在243問終了。

     最初「やさしい」レベルの問題に1時間以上かかって
     いましたが、今は早いと5分を切ります。
     つまり、ここ2ヵ月で脳の処理能力が10倍に!

     左脳型の人にオススメです♪
              ▼

 [関連記事]
 ・数独を初プレイ⇒< http://kinsaku.jugem.cc/?eid=292 >
 ・数独回路ができるまで⇒< http://kinsaku.jugem.cc/?eid=296 >


┌──────────────────────────────────
│■金策冒険家エイジの億万長者への路
│■発行責任者 : エイジ    □< mailto:thankyoualot@hotmail.com >
│■発行者HP : < http://tinyurl.com/dtqf >
│■金策冒険家エイジのblog:< http://kinsaku.jugem.cc/ >
│■レーシック-LASIK-体験談★Blog:< http://blog.livedoor.jp/lasik/ >

│■楽天広場(日記):< http://plaza.rakuten.co.jp/supple/ >
│  Copyright(c)2001-2006 Kinsakuboukenka Eiji All Rights Reserved.
└┰─────────────────────────────────
 ┃■登録/解除の方法       □下記URLをクリックしてください
 ┃ 【 まぐまぐ 】: < http://www.mag2.com/m/0000068341.htm >
 ┃ 【E-Magazine】: < http://www.emaga.com/info/68341.html >
 ┃ 【めろんぱん】: < http://tinyurl.com/6nwn >

┌┸─────────────────────────────────
│■免責事項
│当メルマガの内容に従って読者が何らかの被害・トラブルに巻き込まれた
│としても当方は一切関知しません。すべて自己責任でお願いいたします。
└┰─────────────────────────────────
 ┃■転送自由           □無断引用不可
 ┃当メールマガジンは転送自由です。
┌┸─────────────────────────────────
│■掲載許可
│皆さまからのメールをメルマガ(サイト)に掲載するときは事前に許可を
│いただいておりますが、まれに事前の告知なく掲載させていただく場合が
│あります。そのときは、どうかご了承くださいませ。
└──────────────────────────────────
コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ