金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年09月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

モンロー研「ゲートウェイ プログラム」を購入

Monday, 02, 2006 at 15:13
最近、よく夢を覚えている。
夢日記をつけているわけではないが、つけようと思えばつけられる程度の記憶を保有している。

昨日読んだ『フィールド 響き合う生命・意識・宇宙』という本の中にアマゾンの奥に住むというアチュアル族とフアオラニ族のことが書いてあった。
彼らは朝起きるとその日見た夢を部族の一員に語り合い、その夢を共有するのだという。

フィールド 響き合う生命・意識・宇宙




彼らにとって夢とは「部族全体の未来を伝える予言」であり、「目覚めている間に使う道案内の地図」だというのだ。
本にはさらに「その夢こそ現実そのもである」とか「目覚めている時間の暮らしのほうが、むしろ偽りなのだ」と書いてあった。



ジャングルの奥地に生息しているわけではない人にとっても、夢が何らかのメッセージであると考えに真っ向から異議を唱える人は少ないだろう。
とはいえ、夢はすぐに忘れてしまうし、その内容はえてして意味不明であるので、夢日記をつけようと思うほど夢を重視した日常生活を送っている人は稀だろう。

さて、今朝目が覚め、しばらく数独をやった後、もう一度ふとんに入った。
例の訓練のため目を閉じ、体を極限までリラックスさせる。
それは別の表現をすると、体から脳へ伝わるあらゆる感覚情報を極限まで遮断する、ということだ。
つまり、脳への刺激を未入力の状態に近づける。
その間思考も制限する。
こうした状態をある程度キープすると、ある段階で意識が変容する(ような感じ)がしてくる。
それは脳全体が働いているような感覚で、イメージとしては頭からすっぽり笠をかぶっているような感じがする。
このとき、体は死人のようになっている。

こんなことを毎日やっているので、夢もよく覚えているのかもしれない。

最近の練習で、このあたりまでは到達できるようにはなった。
意識ははっきりしている。
目を開けてみると、くっきり見える(それはレーシックのおかげであるが)。
が、そこから先へ進めない。

で、今日のところはここでやめた。
そのとき、心に決めた。
買おう。
今日、買おうと。


ヘミシンク ゲートウェイエクスペリエンス日本語版全6巻CDセット。




モンロー研究所R 『Gateway Experience』ゲートウエイプログラム教材


注文&詳細




ヘミシンク ゲートウェイエクスペリエンスを購入


瞑想用のCD。
あるいは深いリラクゼーションや癒しを期待できるCDといえば、まァあまり変な目で見られずに済むだろうか。
というか、すでに十分変な目で見られているが。。。(^_^;σ

これを就寝前や朝目覚めてすぐに聴く。
すると、、、!



[PR]モンロー研究所のヘミシンク商品 即納中。安心の日本語版、日本語ガイド多数




どうなるかはわからない。
わからないが、自力でこれ以上先に進めそうもないので、CDの助けを借りる決断した。


新型iPod nanoも購入


あとはこれを聴くために音楽プレーヤーも買うことにする。
iMacの中の音楽データもWindowsに移行したいという希望もあって狙いはiPod
最近iPod nanoの新バージョンが登場した。
すでにビックカメラで調査済み。
ひとまず4Gあれば十分だろう。

iPod nano

  




この決断が吉と出るか、今月中に判明する。
だろう、、、。



昨日見た夢


ちなみに、昨日見たは夢にしてはひじょうにわかりやすかった。
おいしいラーメンを食べに行くといく内容。

最初は寿司屋をいろいろ回っていて、ある人についていって狭い階段を上がる場所へ行き、そこからちょっと下がったところにちょっとした広間があった。
そこはなぜか地面で、すでに何人か行列ができていた。
なんでもオープンするのを待っているのだという。
その店はラーメン屋。
不思議なことに、その店の店主(おそらく20代)が私より後に並んで順番を待っている。
そして、ラーメン界の巨匠でもない自分のところにこんなにお客さんが並んでくれてうれしいと感激していた。
どうやらそこにいる客たちは将来ラーメン界の巨匠になりそうな若手を発掘することが生き甲斐というようなラーメンマニアの人たちらしい。
その後店が開き、ラーメンを食べる。
確かにおいしかった。
バターが乗っているのだが、若干その量が少ないかな、という程度で、それ以外ケチのつけようがない。
周りの人は私とは違うラーメンを注文していて、少し味見させてもらったが、私が食べたラーメンが一番おいしくて、これを選んで正解だったと口に出さずに思った。

どうでもいいことだが、私は普段、あまりラーメンを食べない(インスタントは別)。

はたしてこの夢、私の未来を伝える予言なのか、はたまた何かの道しるべなのか?





モンロー研究所R 『Gateway Experience』ゲートウエイプログラム教材


注文&詳細
コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ