金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年08月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『三国志大戦DS』Wi-Fiで全国対戦に初挑戦、即撤退

Monday, 29, 2007 at 20:36
評価:
セガ
¥ 6,980
(2007-01-25)
Amazonランキング: 221位
Amazonおすすめ度:
あの三国志大戦がDSで!
ミニミニアーケード版
三国志大戦
三国志大戦DS』で、初めて全国対戦に挑戦した。
心臓がドキドキした。


1回目。
勝利する。
相手が弱かった。

2回目。
完敗。

3回目。
通信が途切れる。
おそらく相手が負けを確信して通信を切ったと思われる。

4回目。
作戦負け。

5回目。
作戦負け。


勝つと称号のゲージが上がるが、負けると減る。
上のレベルに到達するには、勝ち越さなくてはならない。
やってみた感想だが、全国対戦している人たちは相当やり込んでいる。
一騎打ち、ほとんど勝てなかった。
おそらく「無双」や「激」を5連続で出せるレベル。

それぞれ自分のデッキの勝ちパターンを持っていると思われる。
たとえば、ピンチになったらひたすら回復を繰り返すとか、城門前に一列に武将を集結した直後に衝軍の法(攻城能力が高まる)とか。

これを続けていれば、しばらくは負けが込むだろうが、やがて強くなるだろう。
だが、、、



だから何なんだ?




という問いの答えを持っていない。
つまり、全国レベルの上位に入るよう努力したとして、その努力を誇れる理由が自分の中に見あたらない。


ということで、久々にニンテンドーWi-Fi USBコネクタを箱から取り出したが、またしまうことにした。



 

コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
『三国志大戦DS』を注文した。 三国志大戦DS▼ ゲーセンでは人気らしいが、ここ数年、5年くらいか? ほとんど足を踏み入れていないので、まったく知らない。 三国志といえば光栄、と思っていたが、このソフトはセガ。 時代は変わったということか。 今
金策冒険家エイジのblog | Monday, 29, 2007 at 20:46
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ