金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年07月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ザ・シークレットと迷い猫

Wednesday, 21, 2008 at 12:52
角川書店
¥ 1,890
(2007-10-30)
「今」という時代にぴったり
気持ちを高揚させる効果はあるかも
願望成就 加速しちゃうかも・・・
JUGEMテーマ:読書


全世界で900万部を突破した成功本のベストセラー『ザ・シークレット』。
同書の訳者佐野美代子さんとご縁があり、今、この本を読んでいる。
ブログはこちら» 「ザ・シークレット」翻訳者 佐野美代子のブログ

ザ・シークレットとは引き寄せの法則


同書の詳しい内容や感想についてはこの記事では割愛し、ポイントとなる部分だけ簡単に説明する。




ザ・シークレット』のタイトル通り、この本にはある秘密が書かれてある。
その秘密を知り、それを実践すれば、望むものは何でも、際限なく、何度でも得ることができるという。

その秘密は「引き寄せの法則」と呼ばれている。
法則なので、例外なく全ての人間に作用する。
さながら重力のように。


それは自分が思考していることを自分が体験する、というもので、別の表現を借りれば、「思考は現実化する」となるだろう。

本の中でその原理を説明した箇所がある。
その部分を引用しようと思ったが、長いので私なりに短くまとめてみる。


人間はもっとも強力な放送局


[引き寄せの法則の原理]
人間というのは宇宙でもっとも強力な放送局で、宇宙全体にある周波数を発信している。
その周波数と近い現象がその発信元に引き寄せられる。



豊かな生活をしている自分をイメージし、あたかもその願望が叶えられたかのように振る舞える人はほどなくそのような状態になり、常に時間と仕事に追い立てられ、自由な時間もお金もないという思考で頭が埋め尽くされていれば、まさにそのような状況が続いていく、という具合だ。


アラジンになったつもりでお願いする


さて、私はこの本を最初から読んでいるわけではなく、パッと開いたところを読むようにしている。
不思議とそのとき必要な情報が書かれてあるらしい。

昨日、「秘密」の使い方という章を読んでいた。
アラジンと魔法のランプの話を例に出して、望む現実を現実化させるプロセスについて解説してある。

「秘密」の使い方
「秘密」の使い方
(クリックで拡大)



その第1段階は「お願いする」こと。
アラジンが魔法のランプをこすると魔神ジニーが現れこう言う。


「あなたの願いを叶えましょう!」


願いを言うと、その通りになる。
現実世界もまさにこれと同じで、宇宙に願い事を発信すれば、それを受け取ることができる。

アラジンは自分で、ジニーは宇宙という関係だ。


猫と話ができれば


ちょうどそこを読んでいたとき、急にあることを思い出した。
寝る前、私はあることを願っていたのだった。

4月の暴風雨の日、ずぶ濡れになった猫が我が家に舞い込んできた。
以来すっかり住み着いてしまった。
こうしたことは珍しいことではないのだろうが、私になりに思うところがあり、その猫に関することを知りたかった。
飼い主は誰かということも気になったが、私との絆や私の元へ来た意味について何かありそうな感じがしていたからだ。

膝の上で熟睡する猫
膝の上で熟睡する猫



その夜、私はふとんの中で猫と話ができれば、と考えていた。

すると翌日、まったく予期しない形で、その猫に関する情報が手に入った。
それによると、どうも私の元に来た猫は、猫であって猫でないらしい。
それがどういう意味かまだハッキリしない。
何らかのメッセージを携えた使者か、縁ある者の生まれ変わりか。


些細な体験を些細なまままで終わらせないために


こうして書くと、「引き寄せの法則」を意識して「迷い猫に関する情報」を引き寄せたかのように読めるが、実際は違う。
ザ・シークレット』の一節を読んでいるときに、自分が「引き寄せの法則」を使っていて、それが現実化していたことに気がついたのだ。
もし、その一節を読んでいなかったら、そのことには気づけなかった。
迷い猫に関する情報も、日々無数に受け取っているその他の情報に紛れてしまって、受け取っていながら受け取っていないも同然の状態だったに違いない。


些細なことと言えば些細なことだ。
もし『ザ・シークレット』を読んでいなければ、記憶にも残らない些細なこととして処理されていただろう。
だが、これは記録しておく価値がある体験のように思えた。

というのは、「引き寄せの法則」はそれが些細であろうとなかろうと関係なく働くからだ。

私が思い描いたとおりの住処を手に入れたとき、きっとこのときの体験を思い出せるようにしておいてよかったと思うだろう。


追記:その後の迷い猫情報


私はさらに猫の情報を手に入れるため、寝る前にアファーメーションを行った。
エクササイズ中に痛みを感じたら?に書いた方法の要領で、「私はこの猫に関する情報をさらに受け取る用意がある」、「受け取った情報をしっかり覚えている」という具合に。

すると、その猫に関係していたと思われる夢を見た。


それともう一つ。
朝、ゴミ捨てに行ったところ、その猫についてよく知っているであろう人物と話をすることができた。
これはまさに思い描いていたとおりだったので、さすがに「出来すぎだろう」と思った。
ご近所さんとはいえ、その人と遭遇することは月に1度あるかないかだ。
それが数時間後に実現してしまった。


ザ・シークレット 
[本の内容]あなたは「偉大な秘密」を手にしています。
この「秘密」は、代々伝えられる中、人々に熱望され、隠され、失われ、盗まれ、莫大なお金で買われたこともありました。歴史上最も著名な人々は、何世紀も前に存在していたこの「秘密」を理解していたのです。プラトン、ガリレオ、ベートーベン、エディソン、カーネギー、アインシュタイン等の発明家、理論家、科学者、偉大な思想家達です。そして、ついに今日、この「秘密」が世界の人々の前に開示されたのです。
「この『秘密』を理解した暁には、あなたは欲しいものを手に入れ、なりたい人物になれ、やりたいことが何でもできるようになるでしょう。また、あなたは、真実の自分を知る事ができます。そして、あなたにはすばらしい人生が待ち受けていることがわかるでしょう」――「はじめに」より
(左)【amazon.co.jp】ザ・シークレット
(右)【楽天ブックス】ザ・シークレット


この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。
コメント
「高級かつおぶしをください」という
私の深層意識の代理かなぁ(爆

ま、冗談はおいといて、
準備ができると情報もはいってくるものなのかなぁ
そんな気がする。
どんな秘密か楽しみです
みにぃ さん | Wednesday, 21, 2008 at 17:22
みにぃさん、こんにちは。
ご無沙汰してます♪

>「高級かつおぶしをください」という
私の深層意識の代理かなぁ(爆

あれ以来、高級鰹節はあげてないのです。
でも健康のことを考えて、ヒルズのキャットフードを試してみました。

昼間は外出と食事を繰り返し、夜はずっとべったりです。
今も膝の上で寝ています。

>準備ができると情報もはいってくるものなのかなぁ

あと、記事にも書いたアファーメーションも有効かな。
ただ情報が得られても今のレベルの私では、その解釈が難しいのと、それが正しいかどうかも検証できないです。
ま、いつかきっとハッキリわかるでしょう。
エイジ さん | Thursday, 22, 2008 at 01:08
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ