金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年12月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

JUGEM(じゅげむ)の「投稿禁止ワード」を特定する方法

Monday, 16, 2008 at 07:00
投稿禁止ワードが含まれているため投稿できません。

JUGEM(じゅげむ)で記事を投稿したら、上記警告が出て、投稿できなかった。

投稿禁止ワード」という言葉の響きから「放送禁止用語」を連想し、自分の書いた記事に「書いちゃいけない言葉」があるのかと考えたが、そんなやましい言葉は使っていない。

で、ひとまず対処法を知るため「投稿禁止ワードが含まれているため投稿できません。」で検索をかけてみた。
JUGEMテーマ:インターネット
それによると、JUGEM側が「投稿禁止ワード」を設定しているが、具体的にどんな言葉がそれに設定されているかは公表されていない、ということだった。
つまりユーザーにはわからない。
解決方法はJUGEM側に問い合わせるということだった。

問い合わせてもいいが、時間がかかる。
そこで自分で調べることにした。


JUGEMの「投稿禁止ワード」を調べる


調べ方は簡単。

まず自分の投稿しようとした記事をいくつかのブロックに分ける。
切り分けたブロックの1つを削除して投稿する。
そこで「投稿禁止ワードが含まれているため投稿できません。」と警告が出たら、残りのブロックに「投稿禁止ワード」が含まれている。
次のブロックを削除して投稿し、捜査範囲を徐々に絞っていく。

警告が出なかったら、削除したブロックの中に「投稿禁止ワード」が含まれている。
そのブロックをさらに細分化していけば、最終的に「投稿禁止ワード」を特定できる。


「投稿禁止ワード」はTinyURL


地道な作業の結果、とうとう「投稿禁止ワード」が判明した。

それは長いURLを短くしてくれるTinyURLだった。

TinyURLを使用している部分を削除、もしくは書き換えると投稿することができた。

TinyURL以外にも「投稿禁止ワード」があるかもしれないが、上記の方法を用いればそれを特定できるだろう。
コメント
「投稿禁止ワード」の表示が出て困っていたところ、
こちらの記事を拝見して解決できました。
他のサイトから引用した箇所にTinyURLが使われていて、
自分は使っていなかったので、
こちらの記事を読まなければわかりませんでした。
ありがとうございました。
検索から来ました。 さん | Thursday, 01, 2009 at 16:34
問題解決してよかったですね。
お役に立ててうれしいです。
コメント、ありがとうございました。
管理人 さん | Thursday, 01, 2009 at 17:41
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ