金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年10月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

男女関係を阻む2つの要因 - NHKスペシャル「女と男(1) 」を観て(8)

Thursday, 22, 2009 at 14:33
研究から男女関係を阻む障害が2つあることが判明。
1つは男性が女性の気持ちを読み違え、ついつい余計なことをしてしまうこと。

女と男


なぜそうなるのか?

男は表情や感情を読み違える


男性は女性に比べて気持ちや感情が読み取れないという報告がある。

ここで画面にある人物の顔が表示される。
この人物が喜んでいるのか、悲しんでいるのか、起こっているのか、恐れているのか。
視聴者に選択してもらうクイズが出題。

3……2……1……

カウントダウンの後、正解発表。


これはアメリカのペンシルバニア大学が行っている表情読み取りテストと呼ばれる実験。
一見判断しにくい表情を、女性の方が早く正確に当てることができる。

さらに、表情を読み取っている際の脳の活動を調べたところ、女性は脳の1箇所を使っているのに対し、男性は2箇所を働かせていた。
つまり、男性は脳を2倍使っても外してしまうのに対し、女性は能力をさほど使わなくても当てられる、ということ。


会話に積極的な女性 そうでない男性


男女関係の障害となるもう1つの原因は、会話に対する女と男の違いにある。

長い進化の歴史の中で、女性たちは部族の他の女性と行動を共にし、会話を絶やすことはなかった。
仲間の絆を深めるための会話では相手の感情を知ったり自分の感情を伝えることが大切だった。

一方男同士の会話は刻々と変わる状況にどう対応するかの問題解決形のものだった。
実は、男と女の会話に対するこの違いが男女のすれ違いを生む最大の理由ではないかとゴッドマン博士は考えている。

進化で培ってきた違いは、とかく男女を違う方向へ向かわせてしまうようです。女性は人間関係に積極的になる一方、男性はそうではありません」とゴッドマン博士。


ケリーは夫とすれ違う最大の原因は日頃のコミュニケーション不足と感じていた。

その日あった出来事さえ、話し合えないことがしばしばあります。しかも夫は疲れていて、会話を交わす気分ではないのです。私は自分の気持ちが受け止めてもらえていないと感じ、絶望的な気持ちになります。しかもその気持ちからなかなか抜け出せないのです」と告白するケリー。

職場であったちょっとしたこと、ささやかな喜び、悲しみなど、その日に味わった感情を夫と共有したいケリー。
しかしジェフは解決すべき問題があるとき以外、会話することに積極的でない。


[単行本とDVD]
だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎 NHKスペシャル 女と男 DVD-BOX NHKスペシャル 女と男 第1回 惹かれあう二人 すれ違う二人 [DVD]




ここまでの感想


男は問題を解決するために会話する。
いや、問題を解決するためなら会話する。
それは問題解決のための手段の1つだが、会話によらず問題が解決するなら会話に固執することはない。

男性にとって重要なのは会話ではなく、問題を解決することなのだ。

良くも悪くもこれが男の脳なので、男性にとっては女性の会話のほとんどが無駄話に思えるときがある。
ここでいう無駄話とは、「問題解決につながらないすべての話」のことだ。

一方女性は会話すること自体に意味がある。
会話の内容もさることながら、より重要なのは相手にそれが伝わっているという手応えだ。
それが感じられないと、繋がっている実感が湧かない。
疎外感や孤独を感じる。

電話を受ける男


重要な仕事の最中、女性から電話がかかってきて、用件を尋ねると、「別に……」とか「声が聞きたかった」とか「用事がなかったら電話してきちゃいけないの?」とかの返事が返ってくる。
今この瞬間も、地球のどこかで、そんなやりとりをしている男女が居るに違いない。

次は男女間のすれ違いを乗り越える会話のコツについて。


[記事の評価をお願いします!]

素晴らしい すごい とても良い 良い




表情読み取りテスト、参加者募集


なお、ペンシルバニア大学が行っている表情読み取りテスト。
日本人も参加できる。
私もやってみた。
正解発表はないが、2009年2月に、調査の最終結果がペンシルバニア大学のウェブサイトに掲載される。

詳しくはこちら»NHKスペシャル|シリーズ 女と男 :: 女と男 違いを探る 表情を読む&空間認識テスト
コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ