金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年04月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

男女混成チームが火星探査へ - NHKスペシャル「女と男(1) 」を観て(10)

Saturday, 24, 2009 at 12:56
女と男の新たなパートナーシップ。
そのことは最新の宇宙開発にも注目を集めている。

アポロ着陸船と飛行士


これまで男性中心だったチーム編成が男女関係に注目したものへ変わろうとしているためだ。

男女混合編成こそ、最強のチーム


画面にはユタ州にある火星探査訓練施設で共同生活をしている若い男女やNASAが計画している火星への有人飛行のCGが映し出されている。

アメリカNASAが計画している火星への有人飛行は往復だけで500日間。
人類が経験したことのない、長期の宇宙滞在となる。
そのため、どんなチームの編成がふさわしいのかシミュレーション実験が繰り返されている。

孤立した小部屋に入れられた5人のチームが限られた情報と会話だけを頼りに、宇宙探査を想定した課題をこなしていく。
150回を超える実験の結果、男性だけだと競争心が働きすぎ、チームを危険にさらすリスクがある一方、女性だけだと必要以上にリスクを避ける傾向があることがわかってきた。

それに対し、男女混合編成こそ、最強のチームとなるとの結果が出た。
女性が得意とするチームをまとめるコミュニケーション力。
そして男性が得意とする目的を成し遂げる力が組み合わさるためだ。

早ければ10年以内を目指す火星探査。
混成チームが宇宙に旅立ち、男女関係の新たな1ページを刻む日は遠くないかもしれない。
おしまい



[参考]
»NHKスペシャル シリーズ女と男 最新科学が解き明かす性


[記事の評価をお願いします!]

素晴らしい すごい とても良い 良い

コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ