金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年07月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【訂正】『無限航路』2009年6月11日発売予定 アマゾンで予約開始!

Friday, 13, 2009 at 12:12
前々から気になっていたニンテンドーDS用ゲームソフト『無限航路 -Infinite Space-』の予約受付がアマゾンで開始された。
アマゾンによると、『無限航路』の発売日予定日は2009年6月30日(火)

[追記:2009年4月3日]
オフィシャルサイト無限航路 -Infinite Space- オフィシャルWEBサイトによると、『無限航路』の発売日予定日は2009年6月11日(木)に決定。

JUGEMテーマ:ゲーム
2009年3月13日現在、オフィシャルサイトでは「発売日:2009年春 発売予定」、「希望小売価格:未定」となっている。

発売が7月11日に先送りされた『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』を待つ間に楽しむ予定でいたのだが……。


『無限航路』の内容と勝手な期待


無限航路』はRPG。
だが、剣と魔法が支配するファンタジー世界が舞台ではない。
舞台はあまたの星々に根付き、星間国家を築くまでに至った大宇宙。
主人公は父の形見「エピタフ」の謎を解くため、禁を犯して宇宙へ旅立つ少年ユーリ。
人質に取られた妹を奪還すべく自らの宇宙船を建造し……、とストーリーは展開していく。



武器や防具を装備するのではなく、自らの宇宙船の兵器や内装を自分でデザインしていくことで「強く」なっていく。
個人的には、このカスタマイズがどの程度ストーリーの進行に影響していくかがこのゲームの面白さを決めると思っている。

どんな風にデザインしても結局は1つのストーリーラインをなぞることになるのだとしたら、舞台が宇宙になっただけの「普通のRPG」となるだろう(「面白くない」という意味ではない)。

理想的にはいくつかのストーリーラインが交差し合い、プレイによってエンディングも変化していくものであれば、と期待している。
ただあまり期待しすぎると『アウェイ シャッフルダンジョン』のようになるので、そうであったらいいなぁくらいに思っておくことにする。

予約はこちら»無限航路 -Infinite Space-


[公式サイト]
2009年3月27日リニューアル! »無限航路 -Infinite Space- オフィシャルWEBサイト
コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ