金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2018年10月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ブレスエアー使用後1年5か月 腰痛は? へたり具合は?

Friday, 09, 2012 at 18:52
2010年1月4日掲載記事「ブレスエアーの「洗えるふとん」は腰痛緩和に有効か?」に対してその後様々な方からお問い合わせをいただきました。
その経緯は同記事コメント欄にて閲覧可能ですが、読みやすさの観点から読者にとって有益と思われるいくつかをピックアップして再掲載することにいたしました。


JUGEMテーマ:寝具

2011年3月5日 りっぷさんからのご質問


エイジさんはじめまして!

ブレスエアーについていろいろリサーチしていてこちらにたどり着いたものです。私も今の布団の寝心地が悪くなってきたので何か腰にいいものはないかと探しています。
長い事使用してその後の腰の具合とかどうなのかを知りたいのですが、なかなかその情報が見つからずできれば、エイジさんに感想を聞ければと思いました。

私は今低反発のマットレスを使っているのですが、1年半ですっかりヘタってしまいました。

ヘタリとかはおきてきますか?

長く愛用することができる商品に巡り会いたいものです。

どうか情報をよろしくお願いしますm(__)m



ブレスエアー使用後1年5か月の感想


りっぷさん、こんにちは。
コメント、拝見しました。

この記事を書いたのが去年(2010年)の1月なので、約1年5か月間使用した感想を書きますね。

まず腰の調子ですが、ブレスエアーのふとんを使用してから今まで、一度も腰痛は再発してません。
コメントをいただくまで自分が腰痛持ちだったことを忘れていました。
体圧分散の効力は未だ有効、ということだと思います。

ヘタリに関してですが、多少あるのかもしれませんが、ほとんど感知できないレベルです。
今、足で踏んでみましたが充分な反発がありました。
上記記事で紹介した無印の低反発マット、今ではかなりヘタってきてますが、それと比較すると耐久性は段違いと言えます。
おそらくマットレスとブレスエアー(3次元スプリング部分)の構造の違いでしょう。

その他の長所としてはホコリが出づらい(出ない?)、通気性がよい、丸ごと洗えるなどの点です。

短所としては持ち上げにくい、という点です(けっこう盲点!)。


ふとん自体は重くはなく、湿気も吸いにくいので女性でも持ち上げられるでしょうが、横に3つ折りにできても縦には折れない(折りにくい構造になってる)ので押し入れへの出し入れや外にふとんを干す際は、普通のふとんより面倒です。
以前はきちんと押し入れにしまってましたが、今は掛け布団と枕だけしまって敷き布団(ブレスエアー)は3つ折りにして放置してます。。。

わかりにくいかもしれませんが、中身が柔らかい綿ではなく固いスプリング状の樹脂なので、最初の内はふとんの横幅が変わらないのです。
私はシングルサイズですが、ダブルサイズだったらさらに大変でしょう。

とはいえ、1年半使用した今では縦にも折れ曲がる(3つ折りにした後さらにもう1回折れる=ほぼ普通のふとん)ようになってます。

こうした欠点はありますが、それを補って余りあるメリットがありますので、私は満足して愛用してます。
両親にも勧めて使ってもらってますが、気に入ってもらえてます。

だいたいこんなところです。
参考になれば幸いです♪


2011年3月6日 りっぷさんからのお返事


エイジさん、こんにちは!

さっそく回答いただきありがとうございます。

腰痛持ちであることを忘れてしまっていたなんて!!ちょっとというかかなりうらやましいです><
実際に使用している人の感想は本当に参考になりますね。エイジさんの情報のお陰でやっと購入しようと決心がつきました♪
本当に分かりやすくコメントをいただき感謝です^^






りっぷさん、お返事、ありがとうございます。
お役に立ててよかったです♪
早く腰の痛みから解放されるといいですね。
それでは!

コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
まだ使えるのに、それを捨ててまで新しい寝具を購入する人がいたら、その人はきっと腰痛持ちだ。 寝付きの悪さと起床時の痛みが「もったいない」を凌駕したとき、人は寝具の検討に入る。 先月、私もとうとうその段階に達した。 ブレスエアー シングルJUGEMテー
金策冒険家エイジのblog | Friday, 09, 2012 at 19:20
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ