金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年08月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

みどりはなえさんのメルマガ感想の補足/ブログ「地上最強の商人になる方法」

Tuesday, 18, 2005 at 04:37
この記事は「みどり はなえさんの【メルマガvol.150】の感想/「失意の時は泰然、得意の時は冷然」」のつづきです。
未読の方は、まずこちらからご覧ください。


エイジより補足

みどり はなえさんは絵本作家になる夢を抱いていました。
自分で絵を描き、製本し、宣伝し、注文を受けて、配送します。
先日、自分の商品(世界で1冊だけの絵本)をお客様に配送しました。


売れたのです。
この瞬間、みどり はなえさんから絵本作家志望から名実ともに絵本作家になりました。

自分の商品を売る、という最初の、そして最大のハードルを跳び越えたみどり はなえさん
本当におめでとうございます。

さらに高いハードルが、あなたに跳び越えてもらうのを待っています。



ここを読んでいるあなたに、夢をかなえるヒント!
みどり はなえさんは、オグマンディーノの『地上最強の商人』を真剣に読んでいます。

きっとここにヒントがあるに違いありません。

つい先日、「地上最強の商人になる方法」というブログを開設しました。


>「ピンポーーン」
>玄関のベルが鳴った。誰かが来たようだ。


という出だしで始まる、一風変わった日記で、
主人公が「地上最強の商人」と出逢い、読み進めていくにしたがって本当に「地上最強の商人」になっていく、そんな期待に充ちたブログです。



地上最強の商人になる方法
わが友オグマンディーノに捧ぐ
コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
「ピンポーーン」 玄関のベルが鳴った。誰かが来たようだ。 玄関には宅配便の配達人が立っていた。 手にはアマゾンのゴロの入った箱を抱えている。
地上最強の商人になる方法 | Tuesday, 18, 2005 at 06:02
「ピンポーーン」 玄関のベルが鳴った。誰かが来たようだ。 玄関には宅配便の配達人が立っていた。 手にはアマゾンのゴロの入った箱を抱えている。
地上最強の商人になる方法 | Tuesday, 18, 2005 at 06:05
地上最強の商人posted with amazlet on 06.04.03オグ...
本のソムリエお勧め【無料レポート】 | Tuesday, 04, 2006 at 13:05
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ