金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年08月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

サーキュレーター「初」体験記 [目次]

Monday, 22, 2005 at 04:22

お薦めサーキュレーターは、ボルネードとエレクトロラックス


[ボルネード]




[エレクトロラックス]



コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
いよいよ夏間近となってきました。 そもそもアンペアが足りないので、今年は冷房を使わず、チーム・マイナス6%にも参画して、温暖化対策に大きく貢献?しようとしているのですが、さすがに無風は辛いので、昨日から扇風機を作動させ始めました。 戦後まもなくの
cafe aperitivo | Saturday, 24, 2006 at 10:14
エレクトロラックスのサーキュレーターです。我が家はエルゴラピード掃除機に加湿器そしてサーキュレーターまでエレクトララックスでどんどんエレクトロラックス製品が増えてきています。 最近のエレクトロラッ
沖縄×ハワイ | Sunday, 25, 2006 at 22:20
角膜を修復し、瞳に潤いを与える目薬「ロート養潤水」。約1年前からその機能が気になっていたが、この冬、エアコンによる乾燥対策のため購入。加湿器とサーキュレーターを併用することで、ドライアイ患者でも快適に過ごせることを期待。
レーシック-LASIK-体験談★Blog | Saturday, 20, 2007 at 21:55
【ビジネス・お金】 金策冒険家エイジの億万長者への路 インターネット 金策冒険家...
成功ドットインフォ | Tuesday, 27, 2007 at 06:15
サーキュレーターを購入しようと思ったのは、クーラーが原因と思われる体調不良だったわけだが、これが解消されなくては意味がない。 また、省エネ効果がどの程度期待できるかも気になる。 結論から言うと、かなり快適になった。 JUGEMテーマ:生活家電
金策冒険家エイジのblog | Saturday, 12, 2008 at 20:45
数あるサーキュレーター(空気循環器)の中から、Vornade(ボルネード)社の「ファン サーキュレーター 183」を選んだ理由はすでに述べた。 捕捉することがあるとすれば、購入を決めた際、Vornade社(アメリカ)が「サーキュレーターといえば、ボルネード」と言われる
金策冒険家エイジのblog | Saturday, 12, 2008 at 20:50
購入したVornade(ボルネード)社の「サーキュレーター 183」の取扱説明書によると、「室内の上下の温度差を1.5℃以内におさえないとのぼせやイライラの原因になる」のだという。 なるほど「頭寒足熱」ならぬ「足寒頭熱」となれば、仕事の効率も落ちるし、集中力も欠け
金策冒険家エイジのblog | Saturday, 12, 2008 at 20:52
サーキュレーターを買うことは決めたが、どのメーカーのどの機種がいいのだろう。 デザインで選ぶサーキュレーターデザイン重視で選ぶなら、このあたりか。 【amazon.co.jp】でさがす Electrolux クラシックサーキュレーター イエロー EFN30(Y) Electrolux
金策冒険家エイジのblog | Saturday, 12, 2008 at 20:54
扇風機ではなく、サーキュレーター(空気循環器)を買った。 サーキュレーターを購入した理由最初にほしかったのはクリップ扇風機で、それをパソコンのそばにとりつけて冷やすつもりだった。     こんな風に
金策冒険家エイジのblog | Saturday, 12, 2008 at 20:55
外部カバーを取り外し、エアコンを丸裸に。 汚れが飛び散らないようエアコン全体をビニールで覆い隠す。 洗浄廃液を受けるバケツをセッティングして洗浄開始! エアコン内部に洗剤をスプレーしていく JUGEMテーマ:ハウスクリーニング
金策冒険家エイジのblog | Saturday, 26, 2008 at 17:42
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ