金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2020年09月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

脳の適職と魂の適職は違う

Thursday, 01, 2005 at 21:14
この間、テレビで「適職がわかる」というIQテストをやっていて、私もやってみた。
これ
(↓↓↓)
http://www.tv-asahi.co.jp/iq/

診断の結果、私は左・左型で、向いてる職業は……


【 左・左 型 】のあなたは

ものごとを分析的に理解し(左脳で入力)
論理的に表現するタイプ(左脳で出力)
※物事を筋道立てて考える能力に長けています。また冷静で客観的な判断力があり、言動も理路整然としています。
さらに『B:景色(物)』と答えたあなたは物志向タイプ。数字や記録、データなどと長時間向き合うことができ、人に左右されることなく、ある結果や目標に向かって集中的に行動することを得意とします。従って、あなたに向いている職業は…

外科医、歯科医、官僚、
公認会計士、気象予報士、
公務員、土木・製造業、
事務職

規則を尊重するのはヒト派と同様ですが、方式や方程式にこだわるタイプです。いわばデータで勝負するタイプ。多くが資格を必要とする職業です。




官僚……、公認会計士?
多くが資格を必要とする職業?


私の進むべき方向の真逆である。
数字やデータが苦手で、資格という社会的評価そのものに関心がない。

しかし、まァ、これが私の脳の適職ということなのだから、人生は皮肉だ。
脳の適職と、魂の適職は違う、ということがわかっただけでも収穫か。
我が道を行くのみ。
コメント
ふむふむ・・。
ん〜、確かにエイジさんが左・左型ってのは納得できるかも。

物事を筋道立てて考える能力に長けています。また冷静で客観的な判断力があり、言動も理路整然としています。

このあたりもなかなか的を得ているような・・。

しかし進む道を誤りましたなあ。
まあ、私をしては今のエイジさんの進んでいる方向性の方がおもろいからいいですけど(笑)
しお さん | Friday, 02, 2005 at 18:42
しおさん、どうも。

>ん〜、確かにエイジさんが左・左型ってのは納得できるかも。

納得できますか。。
同じことを言われるんですよね〜。


>しかし進む道を誤りましたなあ。

http://ttn.biglobe.ne.jp/
(↑↑↑)
ここで適職診断テストできるんですけど、私は2回やって2回とも「鍵師」でした。

まァ、その手の素質はあるのかもしれず、そっちへ行っていたらそれなりの成功(あるいは世間一般でいうところの「幸せ」)はあったのかもしれませんが、私はそれを成功と認めないでしょうし、幸せを感じることはないでしょうから、やっぱり適職診断というのはまだまだ浅いなァと思いました。
では、これからカンファレンスに行って来ます。

エイジ さん | Saturday, 03, 2005 at 08:57
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ