金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2019年12月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

国語力があるとされる人間はどんな人間か?

Thursday, 29, 2005 at 19:55
国語力があるとされる人間はどんな人間か?

 ここに4冊の本がある。
 どの本から読む?

ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック ガラクタ捨てれば未来がひらける 病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- 大学受験のための小説講義




【1】『ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック
   最近出たSEO本。273ページとボリュームもあり、基本をおさ
   らいするには最適か。
  「最新版Yahoo!検索に完全対応! Gooogle対策も完全網羅!」
   とのこと。

【2】『ガラクタ捨てれば未来がひらける
   カレン・キングストンさんのベストセラー『ガラクタ捨てれ
   ば自分が見える』の続編。⇒< http://tinyurl.com/7ij5 >

【3】『病気にならない生き方
   おそらく、今年ベスト1の健康本。ひとまずマーガリンは今
   すぐ捨てよう! その理由⇒< http://tinyurl.com/82ad2 >

【4】『大学受験のための小説講義
   3年前(2002/10)に出た本。
   入試国語の隠されたルールを暴く!



 12月6日、【楽天ブックス】で上記4冊を購入した。
 どれも必要だと思ったから購入したわけで、当然全部読むつもり
 だが、どれから読み始めるかは決めていなかった。

 後日本が届いた。
 最初に手にとったのは『大学受験のための小説講義』だった。



金、運、健康、魂


 収入をアップさせたいならば、『ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック』を最初に読むべきである。
 運営サイトの収益率をアップさせるにはまずアクセス数。
 検索エンジン(ヤフー!・グーグル)に最適化させたページを量
 産することによって、来訪者は増加し、利益もそれに比例すると
 思われる。

 要するにお金なら『ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック』だ。

 同じく、運なら『ガラクタ捨てれば未来がひらける』。
 健康なら『病気にならない生き方』。

 だが、私がいちばん読みたかったのは、『大学受験のための小説
 講義』だった。
 もちろん大学受験するつもりはさらさらない。

 ではなぜ4冊中いちばん実利の薄い本から読んだのか?
 その本が私の「魂の適職」に直結しているからだ。



それが正解だから正解


大学受験のための小説講義』にはセンター入試や国公立大学二次
 試験で出題された小説の設問とその回答解説、著者の意見などが
 書かれている。

 ほぼ10年ぶりに本気で国語の問題を解く。
 結果は正解したり正解しなかったりだ。
 間違ったところの回答や解説を読む。
 が、納得のいかない部分が多々ある。。(^_^;σ←文学部出身


 最終的に、それが受験小説における正解であり、また正解の導き
 方である、という力業で説き伏せるしかない。
 言い換えるとこうなる。


「出題者がこれを正解と定めたので、それが正解である」



与えられた正解の裏に潜むイデオロギー


 こうしたことを生徒に植え付けていくことで、どのような大人に
 成長していくのか?

 「(自分でどう思おうが)世の中はそういうものなのだ」という
 理屈で、それを受け入れてしまうような大人になる。

 たとえそれが受け入れがたいことであったとしても。


 そして「(自分でどう思おうが)」の部分はどんどん萎えていき、
 人からの支配を受けやすい(支配者階層にとって扱いやすい)
 考えることを放棄したとも言える人間へと成り下がっていく。
 それは事実上の○○だ。

 ※問1 ○○に適切な熟語を入れよ。



なぜ正解は1つなのか


 私が塾講師として国語を教えていたときも、ときどき解説に困る
 設問に遭遇することがあった。
 そういうとき、「もう時間がないから答えだけ言うぞ」といって
 答え合わせをしてきた。
 もしくは事前にそういう設問がないことを確認しておいて、そう
 いう(自分が「塾講師」としての地位を保全できる)安全な問題
 しか生徒にやらせなかった。

 そもそも多用な「読み」を許容するはずの小説において、正解を
 1つ(場合によっては2つ)にしか設定できないというルールに、
 無理がある。
 それは誰しもが感じていることであろうが、当時の私も、その違
 和をうやむやにしてきた。
 生徒には「そういうものなのだ」という大人の理屈で国語を教え
 てきたのだ。

 だが、こうして10年ぶりに国語の問題を解き、その解説を聞いて
 みると、やはり納得のいかないものは納得がいかない。



読解力とは何か



大学受験のための小説講義』に、読解力についての記述がある。

 読解力とは「教師の気に入ったことを答えることが出来る能力」、
 出題者が正解と設定した答えを解答できる能力であって、「普遍
 的な『読解力』など存在しない」。


 私はその部分に、赤線を引いた。
 なぜここが重要か?

 日本では、出題者(という形をとった支配者層)にとって望まし
 い答えを選び出せる人間(それを「エリート」などと呼ぶ場合が
 ある)こそが進学でき、昇進でき、その他様々な恩恵にあずかれ
 るような社会構造が形成されているからだ。



ソフトなイデオロギー装置としての国語


 私はセンター入試で出題された小説の問題を真剣に解いた。
 かなり間違えた。
 これはどういうことか?


 答え:読解力がない。


 ということには必ずしもならない。
 受験国語という形で行われてきたモラル統制からは逸脱している、
 が正解のようだ。

 別のいい方をすれば、受験国語における小説の設問は、学力が問
 われているというよりもむしろ、モラル(学校や日本社会が刷り
 込ませたいと思っている道徳)が問われている、と言える。

 私を含む多くの日本人は、「国語力がある/ない」という物言い
 に長年だまされてきたのだ。


「優秀」とは何か?


 すべてを暴こう。
 受験にしても、資格にしても、(合格という形で)選抜されると
 いうことは、「優れている」、「能力がある」ということを必ず
 しも意味しない。

 実際はこういうことだ。

   × 選抜される = 優れている、能力がある
   ○ 選抜される = 選抜する側にとって都合がいい
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



あの日、私は辞表を出した


 私が多くの日本人が歩むであろう「典型的な日本人的人生」から
 ドロップアウトした理由、もしくはそうした路線を踏襲すること
 への違和は、こんなところにも現れている。
 やはり、私には塾(学校)の国語教師にはなれない。
 またそうなるべきではないことを再確認した。

 10年前の行動は正しかったのだ。



『大学受験のための小説講義』の内容


  毎年、数十万人もが受験する「大学入試センター試験」の国語
  には、小説問題が必ず出題される。
  しかし、これらの問題には高校の授業では教えてくれないルー
  ルが隠されていて、選択肢もそのルールをふまえた五つの法則
  によって作られているから、それを知らなければ太刀打ちでき
  ないのだ。
  また、国公立大学の二次試験にも小説問題が出題されるが、こ
  れもそのルールを前提とした独特の読解法が求められている。
  本書では、最近の受験小説の中から代表的な問題を選び、入試
  国語の隠されたルールを暴きながら、独自の読解法をあなただ
  けに伝授する。
  もう一度、小説の醍醐味を味わいたいと思っている社会人にも
  必読の一冊。   【詳細】⇒< http://tinyurl.com/9yxg9 >



 とあるが、「受験国語における『小説』で高得点を取れる人間は
 どのような人間なのか」、「広くは受験制度そのもの(狭くは受
 験国語における『小説』)によって日本(政府、社会)はどのよ
 うな日本人を量産したいのか」がわかる本と言った方がしっくり
 くる。





[参考]
大学受験のための小説講義
石原 千秋
筑摩書房 (2002/10)
売り上げランキング: 5,305
おすすめ度の平均: 4.33
5 センター試験現国がなぜわからないかがよくわかる
4 大学入試問題「小説」の読み方
5 かつて「小説」の問題が苦手だった理由が今わかった


コメント
name:
email:
url:
comments:

トラックバック
trackback url:
ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック 鈴木 将司 (著) 『ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック』 (翔泳社) おすすめ度(評価):★★★★  本書はウェブサイトのアクセスアップを目的にした実践的なヤフー、グーグルへのSEO(検索エンジン最適化)対策本で
おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評 | Saturday, 18, 2006 at 10:51
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ