金策冒険家エイジのblog

私は、私のままで、成功していける。金策冒険家エイジの思考と実践の、不定型な日常。
本や家電、ゲームのレビュー、日常を題材とした小説、メルマガほか。
<< 2020年01月 >>   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

支店NO.1の営業トーク 東京ドームも空気清浄できる [クーリングオフ体験記 vol.3]

Wednesday, 18, 2006 at 08:27

東京ドームを空気清浄できると言って高額な掃除機のレンタルと販売を迫る業者の最新手口(マークさんの場合 part3)



12月25日(日)午前11時20分 / S社から訪問と契約の電話

12時の約束したが、11時20分頃S社から電話がかかってきました。

「掃除機の説明に行きますのでいつ頃がよろしいですか?」
「29日の10時ごろお願いします」
「説明するときは違う人が行きますのでよろしくお願いします。
 簡単な説明なのですぐ終わります」

「ヤフーの契約なんですが、決まりましたか?」
「どのコースにするか迷っているんですけれども、この地区は電話交換機から遠くてスピードが上がらないですよね。
 それでも映画とかTVが見られるんですか?」
「ダウンロードするのに時間がかかりますが見られますよ。
 万が一転送速度が遅ければ、2ヶ月無料ですからそれが終わってからアップグレードをする契約に変えたらいいですよ」

「では、TVナシの48Mコースにしてください」
「わかりました。
 実際の契約は、回線が空いていたら現在のメールアドレスで契約して、使用しているプロバイダーを解約してください」


500円でエアコン清掃、実は掃除機の販売だった [クーリングオフ体験記 vol.2]

Wednesday, 18, 2006 at 02:29

エアコンのクリーニングを装い高額な掃除機のレンタルと販売を迫る業者の最新手口(マークさんの場合 part2)



12月23日(金) / エアコンの掃除を500円で

電話がかかってきました。
丁寧な話し方のおばさんからでした。

「エアコンの掃除を500円で掃除させていただいています」
「30分で終わります」
「よかったら次回からも使ってください」


これは、年に1度宣伝のために、掃除をしているそうです。
電話では、「最近怪しい会社が多くて電話ではなかなか決まらない」と言っていました。
印象が良かったので依頼しました。

後日訪問時に、S社の営業担当が「電話で訪問できるのは300人に1人らしい」と言っていました。

[実録] 水フィルター掃除機訪問販売クーリングオフ体験記 vol.1

Tuesday, 17, 2006 at 05:03

エアコンのクリーニングを装い高額な掃除機のレンタルと販売を迫る業者の最新手口(マークさんの場合 part1)


2006年1月5日、私のもとに1通のメールが届いた。
内容は、かつて私もあやうく契約しかかった水フィルター掃除機の訪問販売(レンタル契約)についてである。

以下、メールの差出人マークさんの了解を得て、その文面を掲載する。
続きを読む >>
常に心に留めておきたい詩
危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、失意のときこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より 石川拓治訳)


奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
(この本の中の一節です)
amazon.co.jp サーチ




with Ajax Amazon




ページトップへ